銀歯はデメリットが多い?!

虫歯の治療で良く用いられる銀歯ですが、実はデメリットが多いという事をご存知ですか?
銀歯は保険が適用されるので、1本3,000?5,000円と安い治療費で済みます。
そのため、虫歯になったことのある人は一度は銀歯を選んだことはあるのではないでしょうか。
しかし、最近では銀歯にデメリットが多いという理由から、銀歯ではなくセラミックを用いての治療をおこなう人も増えてきているんだとか。
銀歯のデメリットというと、まず1つ目が見た目ですよね。
奥歯ならあまり気にならないかなぁ…と思いますが、前歯の治療となると銀歯より目立たないセラミックを選ぶという人も多いのではないでしょうか。
歯科医院の先生によると、今は奥歯でもセラミックを選択される人も多い傾向にあるみたいですよ。
そして。デメリットの2つ目は虫歯が再発するリスクが高いという点です。
銀歯の場合は治療をしてから年数が経つにつれて劣化していき、隙間が出来たり傷が付いたりします。
それらが虫歯を再発してしまう原因になるんです。
また、銀歯が金属イオンとして溶け出し、体内に蓄積され続けると金属アレルギーを発症してしまう可能性もあるという点もデメリットの1つです。
しかし、銀歯の耐久性は優れていて、セラミックも強度はありますが欠けやすいというデメリットがあるので、噛む力が強かったり歯ぎしりをしてしまうという人は注意する必要があります。
なんといっても治療費の差が1番大きいと思います。
初めに銀歯は1本3,000?5,000円で保険が適用されると書きましたが、セラミックは保険が適用されず自費治療となるため、1本5万から15万円もかかってしまうんです。
以上のメリット、デメリットを今一度よく考えてみて下さいね。