名古屋市の訪問看護

平均寿命が長くなり、少子化が進んでいくと、社会は高齢者の割合が増えていきます。
WHOの定義によると、人口に対して、高齢者と呼ばれる65歳以上の人の割合が多くなると高齢化社会となり、65歳以上が7%以上で「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」と呼ばれるようになります。
日本が「高齢化社会」となったのは1970年であり、その24年後の1994年には「高齢社会」に突入します。
そして2007年、ついに「超高齢社会」に進みました。
少子高齢化が進んでいくと、生産人口が減ることが一番の問題となりますが、日常生活が困難な高齢者が増えていくこともまた問題となります。
こうした高齢者の介護については、家族が面倒を見るというというのが従来のやり方でしたが、すでに限界が来ています。
老人ホームなどの活用以外にも、訪問看護の人に自宅に来ていただければ、自宅にいながら生活補助を受けることができます。
名古屋市で訪問看護のサービスを行っている業者は400社以上あるため、自宅に近い業者に依頼すると良いでしょう。
食事や排泄の介護に加えて、掃除や洗濯、買い物の生活支援をしてくれ、また通院などを目的とした、乗車サービスを行っている業者もあるようです。